スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

雨の夜。


好きな絵本作家がいる。

荒井良二。
90年代を代表する絵本作家と言われ、国内外で活躍。2005年にはスウェーデンの児童文学賞の最高峰である、アストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞。(←サクッと調べました)
素晴らしい功績の持ち主であるこの方に、実は私は会ったことがある。

高校生のときだった。


…とまぁ、この話はまた今度することにして(単に眠いだけの人)、今日荒井さんの作品集を買ったんですよ。『meta』。

したらば、東神田のギャラリーで作品展やってるらしいじゃんか。明日休みだし、行くしかないね。


早起きできたら、行こう。
ユックリとジョジョニ。

そうそう、兄が初任給でプレゼントしてくれたのは、荒井さんの絵本でした。『モンテロッソのピンクの壁』。お話は江國香織さん。
久しぶりに本棚からひっぱりだして読んでみた。
フフフ、こんな不思議な話だったっけ?
おもしろい。

スポンサーサイト

2010年05月20日 | つぶやき | とっぷ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。