スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

犬顔男性。

私は犬顔の男性が好きだ。

例えば、言わずもがな松山ケンイチ。
彼は犬顔だと思うんですけど、どうでしょう。

人セクのみるめなんてまさにそれで、ユリユリにチュウするみるめなんて、もうご飯を目の前にして我慢できなくなったワン公みたいだし、会っている間は、ブンブンとちぎれんばかりにしっぽを振っているかのように、懐っこい。
ユリユリに会えないと途端にしょぼくれ、「クゥ~ン」と悲しそうな鳴き声をあげて(←あげてないけど)、耳を垂れる。

犬顔っていうより、犬そのもの。カワエエ~~~。


じゃ、猫顔って誰?
例えば、小池〇平君。例えば、瀬戸なんちゃら君。
彼らは間違いなく、猫顔に属する顔立ちだ。
別に嫌いではないけど、猫顔よりは犬顔の男性が好きなんです。

そんで、広いお屋敷にいる血統書付きのギラギラした番犬系より、草むらとか学校の校庭にいそうな、ボンヤリとした雑種のワン公系がいい。

でもって、そんな犬顔男性がボーダーを着ていたら、さらにいい。(私はボーダーの服を着た男性に弱い)
今どきボーダーを好んで着るのなんて、ウォーリーかオザケンぐらいか
〓■●

いや、オザケンて犬顔じゃん!
+。:.゚ヽ(*゚∞゚*)ノ゚.:。+

オザケンぽい人、見つけます。(←)

しかし、ボーダーを着るオザケンなんて私の勝手な印象(かな~り昔の)であって、今現在のオザケンに大変失礼な気がしなくもない…。

スポンサーサイト

2010年03月16日 | つぶやき | とっぷ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。