FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

無事に。


行ってきました、ジャパンプレミア。
今は、映画を観たあとの興奮なのか、ちょっと眠れない感じですよ。

詳しくはまだ語れないですが…
ワタナベ、すごくいいです。美しいです。さすがトラン監督、どの映像も美しいんですけどね。
松ケンが気を付けたというワタナベの話し方も、とてもよかったと思います。

ぐあ~~~。
早くもう一度観たい。
それが叶うのは、来月の11日。
そして11日で、私は25歳になります。
うわ、なんかいいなそれ。楽しみ。


写真は今日いただいたパンフレット。

スポンサーサイト

2010年11月24日 | ノルウェイの森 | こめんと 3件 | とらば 0件 | とっぷ

ノルウェイの森 ジャパンプレミア。

明日、心優しき松友さんのご好意で、参加出来ることになりました。
本当にありがとうございます!

SSさんとともに、行ってまいります。
(`・ω・´)ゞ






つつつ、ついに……

ワ、ワタナベに……………



会えるんだ。



〓■●プギャッ

2010年11月23日 | ノルウェイの森 | こめんと 2件 | とらば 0件 | とっぷ

ワタナベイベー。

ちは!

その後、
見事復活を果たし、こうしてまた安穏な日々を取り戻すことに成功いたしました。
イェーイ。←

まぁそんな話は置いといて、
ついにSSさんの夢が叶った!!!っつー話がしたい。
大興奮の様子を、今すぐSS radioでカクニンセヨ!!


『まっさん×レディオさん×春樹さん』


ていう図式が、ついに現実になったんすよ。
これはすごいことなのだよ。。。。ワナワナ…

この図式にうっかりSSさんが紛れ込んでもおかしくない気がしてきた!

2010年02月25日 | ノルウェイの森 | とっぷ

読了。

20090722011427
すみませんすみません。
やっぱり何か吐き出したくなったときに、我慢出来ませんでした。
コメント一つ返したら、記事書いてもいいっていうルールに変えていいですか?

というわけで、よろしくお願いします。・゚・(ノε`)・゚・。


さて、昨日と今日で一気に「ノルウェイの森」を読了しました。(今更)
前編を数十ページ残したまま手付かずになっていたんですが、昨夜また読み出してそのまま後編までほぼ一気読み。
頭の中では完全にワタナベ=松ケンで読む。
「かもめ」と戯れるワタナベ(つまり松ケン)を想像してニヤリ。
映画でもぜひ「かもめ」を登場させて欲しいんだけど、猫の毛アレルギーのまっさん、果たしてどうなるか。
縁側でのワタナベとレイコさんと「かもめ」のシーン好きなんだけどな~。


読み終えたあと眠り込んでしまったんだけど、部屋の暑さのせいなのか、起きたら汗をじんわりかいていて、体はなんだかグッタリ重くて、まだ夢の中にいるような自分も物語の中にいるような、変な感覚でした。
(SSさんもその昔そのような体験をしたとかしないとか)
でもそれがなんだか快感でもあって。
読書のあとはこういう感覚に陥りがちですが、不思議ですね。


すべてを読み終えた今、ますます映画が楽しみになったのは言うまでもない!!
世間はカムイの試写会やらなんやかんやで忙しいみたいですが、試写会当たってねーしちくしょー、(←)今の私は100%ノルウェイに恋してます。

2009年07月22日 | ノルウェイの森 | こめんと 3件 | とらば 0件 | とっぷ

『ポツネン』

どうにもこうにもさびしんぼうになってしまい、SSさんにゴハンお誘いのメールを送ってしまった…。
タイミングが合わず、結局会えなかったのだが。


また戻ってきました東京に。
実家にはほんの数日間いただけなのに、やっぱり家を出るのは名残惜しいものです。
許されることならずっととどまっていたい。イカになって。(←)

チーちゃんは、私が家を出るそのときまで、ばあちゃんの部屋で丸くなって寝ていました。どこまでもドライだけど、そんなところが好き。
でも顔を寄せたら口元にチューをしてくれました。キュキューン☆
これで最初のシャーーッはチャラになったぜ。

チーちゃんの写真もアップしたかったのですが、カメラを向けると逃げるので、いつも背中とかお尻とかしか撮れないのです(iДi)


ついにノルウェイが解禁!ということで、待ちに待ったワタナベが昨日N○Kで流れましたね。

彼はワタナベでした。
清潔なシャツを着こなすのもワタナベだったし、なんとなく頼りない足取りで直子のあとを追うのも、ワタナベだった。
個人的にはポシェットみたいなやつを斜めがけするワタナベにツボッた。
あとヘルメットを被ったワタナベ。
木に寄り掛かり、風に吹かれるワタナベ。美しい。

あの、ポツネンとしたような表情が大好きだ。
そうだ、私はまっさんの『ポツネン』な感じが好きなのだ。
うまく言えないけど、なんとなく皆さんもわかると思う。

トラン監督が撮る光と影の美しい世界の中で、ワタナベはどんな風に映るんだろう。
松ケンはどんな風に生きるんだろう。

楽しみで仕方ないです。


追伸、
私があちこちで叫んでいた(笑)陽人の台詞ですが、正しくは、
「わー町子先生のために死んで生ぎでらんだー!」
でした。
この場をかりてお詫びいたします。
れいちぇるさんごめんね!

2009年06月19日 | ノルウェイの森 | こめんと 4件 | とらば 0件 | とっぷ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。